BLOGブログ
BLOG

2020年10月タロット12星座マンスリー占い part3

2020/09/20
ロゴ

2020年10月、12星座別にどのようなことがおこりやすく、どのようなことに気をつけたら良いかなど占いました。

 

こちらでは天秤座・蠍座・射手座の占いがご覧いただけます。

 

牡羊座・牡牛座・双子座

 

蟹座・獅子座・乙女座

 

こちらの前記事に掲載しております。

 

山羊座・水瓶座・魚座も順次掲載していきます。

 

 

【天秤座】

数ヶ月間のもめ事やごちゃごちゃしてる状況や、ややこしい出来事が悪化する方とある種の区切りを迎えようとしている方がいます。

実際におこることはネガティブな出来事に感じるかもしれません。

ですが、その出来事の根本的なところに原因が隠れており、そもそも論としがらみがあります。

さぁ、どうしていこうかと考え動き出していく時になります。

どのような選択をしていくかは天秤座さんの知識にかかっています。

情報収集を積極的にして知識も駆使しながらベターな選択をしていってくださいね。

 

 

【蠍座】

ここ数ヶ月の蠍座さんは「一難去ってまた一難」のような状況にいます。

過去にあった出来事が再燃したりとご自身の気持ち的にも整理がついてきた矢先、違うことが...といった方も多かったかと思います。

10月もそのような状況がまだ残ってはいますが、バランスをみて区切りをつけれた方は状況は確実に良い方へ進んでいきます。

気持ち的にも頭も疲れがたまっている時ですので、休息を大事にしてくださいね。

リフレッシュというよりは心身共に休むことがいかにできるかが10月の蠍座さんのテーマになります。

 

 

【射手座】

精神的にしんどい状況が続いていた射手座さんですが、今月は先の状況が見えはじめる方が多いと思います。

問題が解決したというより、見通しがついてくるという感覚の方がしっくりくると思います。

10月も相手方が射手座さんに何か伝えたいこと、言いたいことがあるようです。

でも言いたいけど言えない。といった方も多いです。

お互いに本当の気持ちが上手く伝わらない時でもありますので、10月に限っては曖昧で良い場合もあります。

ハッキリしない感じが逆に良かったりする方もいます。

今月感じた気持ちを忘れないでください。

その気持ちが今後の指針となり得ることになってきます。

 

 

タロット占い館クララ