BLOGブログ
BLOG

2020年11月天秤座・蠍座・射手座タロットマンスリー占い

2020/10/18

2020年11月、12星座別にどのようなことがおこりやすく、どのようなことに気をつけたら良いかなど占いました。

 

こちらでは天秤座・蠍座・射手座の占いがご覧いただけます。

 

牡羊座・牡牛座・双子座

 

 

蟹座・獅子座・乙女座

 

 

こちらの前記事に掲載しております。

 

山羊座・水瓶座・魚座も順次掲載していきます。

 

 

【天秤座】

10月に数ヶ月間のもめ事やごちゃごちゃしてる状況や、ややこしい出来事がある種の区切りを迎え、11月は気持ち的に踏ん切りがついてくる方が多いと思います。

夜明け前の空のようなイメージと似ています。

11月はケジメをつけることや天秤座さんが決めていくことも再度入ってきます。

今月はかなり冷静でドライな天秤座さんなので、ご自身がこれで良かったと思える道やベストな選択をしていくはずです。

その際、ケアミスには注意してください。

そこ?ってところで小さいミスが出やすくなっています。

冷静でドライな心持ちが鋭い言葉になりやすくなっていますので、相手を思いやる気持ちや尊重できる心を忘れないでくださいね。

 

 

【蠍座】

感じ方はそれぞれではありますが、大小様々な一難去ってまた一難のような状況や気持ちの中、11月の蠍座さんはご自身の考えが強くなりやすくなっています。

こだわりや思い込みや決めつけといった感情が出てきやすいので、角度を変えてみてみることを心掛けてくださいね。

頭が柔らかいことって大事です。

環境的になんだか忙しなくなる一方で心も一喜一憂しやすいことがおこりやすくなっています。

ご自身やご家族の中々優れない体調やそんなことある?といったこと、

衝撃的なこともおこりやすくなっていますが今、目の前にあるやるべきことを一生懸命やることが何より大切です。

 

 

【射手座】

先月から先の状況が見えはじめ、問題が解決したというより、見通しがついてくるという感覚が11月も続いています。

その上で気持ち的にもこたえが出てくる時です。

状況や気持ちに振り回されやすくなっていることもあり、もうこれ以上無理だな、やり直せないなと思うことがおこりやすくもなっています。

どうしても射手座さんが頑張らなきゃいけない、無理しなきゃいけない、キャパも広げなきゃいけないといったことや感情がついてまわりますので、ご自身の感じた気持ちは大切です。

11月はアクティブに積極的に動いていた方はこの先のメリットとなることを得ることができますよ。

 

 

タロット占い館クララ